Ⅱ.Fedora18サーバー構築記録_ftpdのセットアップ

WebSIteの構築がメインになるため、vsftpdが動いていないとどうもメンテしにくいので、まずはこれをセットアップすることにしました。

4.ftpdのセットアップ

sshは最初から外部からアクセスできたのでこれを使用してftpdのセットアップをした。
vsftpdがsystemデーモンとして既に登録されているようなので、
下記を参照して/etc/vsftpd/vsftpd.confを編集。というか、以前のobsサーバーのファイルをそのまま使用。
http://rina.jpn.ph/~rance/linux/vsftpd/vsftpd.html
http://www.nina.jp/server/redhat/vsftpd/vsftpd.conf.html
起動方法
# systemctl start vsftpd.service
停止方法
# systemctl stop vsftpd.service
状態確認方法
# systemctl status vsftpd.service
しかし、ffftpでログインのところで下記エラーが出る。
vsfptd 500 OOPS: cannot change directory
この文章で検索し見ると、SELinuxに引っかかっているという記事。
下記を参照してSELinuxを永久無効にした。
http://rfs.jp/server/security/selinux01.html
Gnomeのファイアウォール設定でSELinuxクリアしていると思い込んでいたが、
あまかったようだ。

スポンサードリンク