簡単なMTプラグイン

以前作成したイメージ出力カウンターの色や相対位置・メッセージフォーマットなどの各種設定を、プラグインのブログレベル共通設定としてMTの環境変数に登録できるようにしたファンクションタグプラグインを作成しました。

mtc1.PNGmtc2.PNGmtc3.PNG

これによりカウンターを表示するファンクションタグを埋め込んだテンプレートを使う記事には全て記事毎のアクセスカウンター(昨日今日カウンター・トータルカウンター・訪問中人数カウンター・クッキーカウンター)が付きます。

→ プラグインとしてのカウンターはここで動かしてます

プラグインの設定画面で設定してある環境変数を、クエリー情報付きのイメージ出力カウンターCGIのURLを指定したimg srcタグを返すパッケージを作成しています。

イメージ出力なのでワンテンポ表示が遅れるようです。。やはりPSGI化したい。Plackミドルウェアを使用してPSGI化しても良いのですが、せっかくなので、mt.psgiを使用したMT::AppのサブクラスとしてCGIを作り直していくことにします。

参照
https://github.com/movabletype/Documentation/wiki/Japanese-plugin-dev-1-1

スポンサードリンク