磯釣り_メジナ 2016-01-17

釣行日:2016/01/16(土)
釣行場所:E島テトラ
同行者:無し
釣りスタイル:浮きフカセ釣り


状況:

 

DSC_0043.jpg  久々に土曜日に海の状態が良く、風もなく凪予報。じっとしていられず、先月エサ取りのベラ大量発生に苦しみながらも27cmを1枚釣った場所でまた竿を出しました。今回はエサ取りが減っていると期待していました。

 日の出まで40分ぐらいで明るくなってきた頃場所に入り、日の出と同時に開始。この場所は下げ潮が効いてきて、潮が左前方へ払い出してくると釣れる事が多いので、狙いは0930の満潮過ぎてからです。エサ取りは前回よりは減っているもののまだ多い感じで、満潮前は一時ボイルオキアミも瞬殺される時がありました。

 この日は小潮なので潮の動きは少ないと覚悟していましたが、予想以上に動かない状況。満潮過ぎて潮が変わるのを待っているも1時間過ぎても全く状況変わらず、それでも満潮前後で右方向の島際が砕ける波でざわついていたので、半ばやけくそでそちらにど遠投。方向と距離をだいたい見当をつけてコマセを1回だけ投げました。当然ウキは見えないので竿先であたりを取ることになります。

 でもなにしろやけくそなので、少しよそ見したのです。すると次の瞬間手にグーンというアタリが!竿先を見ると右に大きくしなり、慌てて合わせると力強い引き。右にど遠投していたので最初その手応えから、横走りするボラをかけたかと思ったのですが、すぐにこれは良型メジナだとわかりました。

 とにかく位置が悪いので沈みテトラにほぼ平行に巻いてくることになるわけで、根に潜られればアウトです。途中でドラグを締めて結構強引に浮かせました。タモ入れ後、動悸が止まらない中計ってみると30cmのクチブトでした。E島自己記録更新です。

 その後しばらく同じ場所を狙うものの全くダメ。潮は全く動かず釣れる気配ゼロ。昼過ぎ少し動き始めましたが直ぐに止まってしまい、稚魚だらけのエサ取りが視認できるようになり、14時納竿としました。1枚釣れたし、1月中旬とは思えないポカポカ陽気の中、のんびり過ごせました。

<この日の釣果>

メジナ30cm 1、ベラ2、キタマクラ1、フグ1

※※
日  出 6時50分
正  中 11時52分
日  没 16時53分
潮回り 小潮
2時31分 49cm
9時19分 133cm
16時5分 61cm
21時40分 102cm

スポンサードリンク