磯釣り_メジナ 2014-12-29

釣行日:2014/12/28(日)
釣行場所:Eテトラ
同行者:なし
釣りスタイル:浮きふかせ

状況: 20141228_Image1.jpg

 恒例のEへの釣行です。ここは磯釣りをはじめた頃からのホームグランドといって良い場所です。だいたい12月に1回は混雑しないテトラで磯釣りをします。今回シーズン2回目の磯釣りです。前回伊豆のHではバリ3枚に終わったので何とかメジナを釣りたいと思っていきました。この場所は去年29cmが出たものの、多くは25cm前後のクチブトが多い為、スリル感を味わう為に、今回は1号竿でやりました。駐車場からテトラ入りしたのが明るくなりはじめた6:20頃。スマートフォンを家に忘れて来てしまい、しかも腕時計も壊れてしまっているので、時刻が判らない中やりました。コマセの準備を行って、開始したのがだいたい7:15頃だったと思います。既に日が出ていました。
 G2円錐浮き・道糸に2号ガンダマ・ハリス2ヒロにG6ガンダマ2つ・半遊動仕掛け・浮き止めは2.5ヒロ。じわじわと浮きが沈むぐらいの浮力にて、2投目。すすーっと少し速く浮きが沈下し見えなくなったところで合わせるとググーンと心地良いメジナの引き!タモ入れ迷いましたが、何せ1号竿なので結構スリリング。慎重にタモ入れして取り込みました。
 その後は潮が止まるにしたがってエサ取りが増えてきて、たまに木っ端がかかってしまう始末。小潮なので潮が動かない。。水深があまり深くなくおそらく6mぐらいなのですが、全層探ってみるも、ベタ底では根がかり又はベラ。他の層はおそらく木っ端だらけ。。そのうちフグも湧いてきたようで、頻繁にハリス切れ。。苦しい中、持ってきていたジャリメで、エサ取りが残した部分に食ってきたメジナを何とかもう1枚キープ。
 午後(太陽の位置から推測^^;)満潮過ぎて潮が動かないうちは、巨大なボラも湧いてきてマッタリ休憩モード。潮が少し動き始めて、そのうちボラがいなくなり、本日最もメジナ的な潮になりました。朝と異なり少し左前方に払い出す潮に、B円錐浮きで少し仕掛けを速めにタナに落として、大きめの潮受けゴムでうまく潮に乗せてやると、浮きがゆっくり入った後、急にグーンと潜ったので合わせると、ついに本日最も強い引き!大事にやり取りして3枚目キープ。途中ほとんど動かない潮に仕掛けを載せるため、水中浮き「-B」をつけたんですがこれが根がかりでロスト。痛い。。浮きって結構高いんですよ。。
 疲れてきて、体内時計は既に16時頃となっていたので上がりました。車に戻ってみると15時でした。
<釣果>
メジナ6(キープ3)、フグ1、ベラ1


<本日の自己流レシピ>
グレシャブ

  1. 全て3枚におろして、丁寧に小骨を取り除き、皮を引かないで柳葉包丁で3-5mmの厚さに切りそろえる。
  2. 鍋に水・かつおだし・エノキ・シイタケ・絹ごし豆腐・白菜を入れて沸騰させる。
  3. 食べる時はとろ火で沸騰中の鍋に1枚か2枚づつ箸で持ちながらしゃぶしゃぶ。
  4. 身が白くなった瞬間に上げてポン酢でいただく。
  5. 最後に卵を入れて雑炊にするとかなり良!

スポンサードリンク